もっとも有名なエコエネルギー太陽光発電

太陽光発電は宇宙開発用に作られた

人工衛星を打ち上げたり宇宙ステーションを作るにあたって一番難儀したのが動力だったそうです。宇宙ではバッテリー交換のリスクが高く、火もつけられません。そこで開発されたのがソーラーパネル、太陽光発電なのです。宇宙空間は空気がないので常に太陽光を受けることができます。エコエネルギーとして有名な太陽光発電ですが、当初は宇宙開発用に作られたものでした。そこから地上でも使えるように改良を続けているのが現状です。

大気中でのエコエネルギー

宇宙では空気も夜もないので発電効率が良かったのですが、大気中ではそうはいきません。夜になれば使えませんし、雨や曇りのときもあります。地上でもっとも高い効率のエコエネルギーは水力発電です。ダムなどで使われており、実に安定して電力を供給しています。太陽光発電は何度も改良を行いどんどん効率を上げていますがまだまだ発展途上といえるでしょう。企業なども導入したりしていますがあまりたいした成果を出せずにいるのが現状です。

将来性のあるエコエネルギーは太陽光発電

太陽光発電を大気中で運用するのはやはり無理がありますが宇宙空間ならばもっとも効率のいい発電方法です。今後宇宙開発を進めるならばソーラーパネルをいかに上手く使っていくかという話になります。そのことを鑑みるとエコエネルギーとしてもっとも将来性があるといえるでしょう。企業などが導入しているのも未来を見据えたものなのです。これからの宇宙進出の主軸となる太陽光発電は技術の進歩に必要不可欠な存在といえます。うまくつきあっていきましょう。

発光ダイオードは電流が流れることにより光を出します。これは正孔と電子がぶつかると光を放出するからです。太陽光発電は、ダイオードに太陽光を当て、正孔と電子に分け発電します。発光ダイオードの逆過程です。