選択肢のある包茎の治療法

成長期を過ぎた後で自然に包茎が治る見込みは高くない

性器は体の成長と共に大きくなります。そのため、包茎だったとしても身長が伸びたり、筋肉が発達したりなど、十代の成長期に解消できる可能性はあります。しかし、既に成長期を過ぎた後ということになれば、自然に解消できる見込みは高くありません。二十代に突入しても身長が伸びるケースはありますが、十代で成長のピークを迎える場合が多いです。ですから、二十代以上で包茎を解消したい希望を持っている際は、治療法の実践が必要です。

確実性の高い包茎の治療法

確実性の高い包茎の治療法は、病院やクリニックなどでの手術です。医療機関での手術では、余分な包皮をカットします。そのため、確実性が高いだけではなく、短期間で解消できる点もメリットと言えます。また、手術後のアフターケアについても万全です。質問や疑問があった時は医師に相談できるため、不安や悩みを抱えることがありません。確実性や安全性、短期間などの希望を持っている場合は、医療機関での手術という治療法は利点が多いです。

自分で取り組む包茎の治療法

包茎は手術を受けるだけが治療法ではありません。自分で取り組む方法もあります。自分で取り組む治療法は、少しずつ剥ける範囲を広げることです。亀頭と包皮が密着していた時間が長くなれば、剥けるまでの時間もある程度は必要です。早く解消したい気持ちが強くなってしまい、無理に剥いてしまうのは性器を傷つける原因です。ですから、早く解消したい気持ちを抑え、少しずつ解消する気持ちを持つことが、自分で包茎を治すために欠かせません。

包茎をコンプレックスにしている人は、日本人男性の中で少なくありません。自力で苦しみをどうにかできないのなら、手術を受けるようにしましょう。